善玉菌で腸が活発に動き出す

うさぎのふんみたいなコロコロと固い便秘を一発で解消する方法をご紹介します。

善玉菌で腸が活発に動き出す

 

腸内に善玉菌はちゃんと住んでいますか?

野菜も毎日、食べている。

水分だって毎日、2リットル近くは飲んでいる。

それなのに、いっこうに便秘が改善される兆しが見えないっ!

便秘 改善しない

 

いろいろ手を尽くしても便秘が改善されない人の多くは、実は大切な事を忘れています。

それは、

 

便秘の舞台になっているのは”腸”だということ

 

どんなに大量の野菜(食物繊維)や大量の水を流し込んでも、

腸そのものが、食物繊維や水分を適切に処理してくれる環境になっていなければ意味がありません。

 

 

特に、善玉菌が腸内で強くなると、腸本来の動きである”ぜん動運動”が活発になるため、消化吸収もサイクルが早まり、便秘知らずの健康な腸を保つことができます。

逆に、悪玉菌が腸内で強くなると、腸の動きを停滞させてしまい、消化吸収が阻害されるために便がいつまでも腸内に留まってしまい、その間に便から水分が失われて、コロコロとしたうさぎのふんのような便になってしまいます

 

便は、体にとっては老廃物、早く体外へ出してしまったほうが良いのです。

そのためには、腸の動きを活発にしなければならないので、善玉菌を腸内で増殖させる食生活が必要です。

 

便秘の腸は、悪玉菌が大量に発生している状態がずっと続いている、ということです。

 

悪玉菌が多い

 

この状態を一新するためには、

勢力が弱っている善玉菌を、なんらかの方法で爆発的に、一気に増殖させてやらなければなりません。

 

 

善玉菌を爆発的に短期間で増やすためのオリゴ糖がこれ!

 

そのためには、善玉菌の唯一の栄養素である「オリゴ糖」を数日間与え続け、善玉菌を活気づけてやる方法が、一番手っ取り早い上に最も効果が高い方法です。

善玉菌の勢力が強くなれば、悪玉菌は自然にその勢力を縮小せざるをえなくなりますから。